さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2016年10月31日

力昼橋

2001年8月3日の橋巡り②
 霧立国道からオロロンラインに戻って苫前町を南下、「稔橋」を過ぎて「上平新橋」、新橋があるのだから旧橋は?・・進むと出会うのが「上平橋」。同じ国道上で道を繋いでいるのだから、上平新橋は旧橋を架け替えた橋であろうと思われる。資料がないので不明だが次回の架け替え時は名称はどうなるのだろうか、なにせ「New bridge」って書いてあるしねえ。
 続いて「沖見橋」、天売・焼尻が遠くに見えます。昔は鰊漁の船がたくさん行き交っていたのかもしれません。
 力昼橋
 そのまま南下。力昼地区にあるのが「力昼橋(りきびるはし)」、川は番屋の沢川。昔は番屋があって栄えていたのでしょう。ここを過ぎると「丸須橋」があるはず・・・なのですが、写真を時系列で並べると、力昼地区に間違いないようですが、あの頃のメモが無いので位置が確認できません。先に行きましょう。小高い丘のような崖が続くなか小平町との境界の「境橋」に出会います。

文中の橋はあくまで2001年当時の写真です現状とは違うかもしれません。ご注意ください。   


Posted by haruitiban at 07:00Comments(0)留萌の橋

2016年10月18日

羽幌橋

2001年8月3日の橋巡り①
 今日は、苫前町と小平町を走っています。
 目覚めたのが国道232号線沿いの「ほっと・羽幌」の駐車場。遅い目覚めで昼近かったので、まずはお湯に浸かる。羽幌温泉。すっかり目が覚めて、国道232号線に出て北に走ったのだが、温泉に満足したためか急遽南下。最初の橋が表題の「羽幌橋」。いくらも走らずにすぐ苫前町に入る。出会ったのが「中間橋」「押白志橋」、しばらく走って市街地を通り抜けて「苫前橋」、渡ってすぐに左側に霧立国道の標識で左折してみる。・・・・・今日は峠は止めよう・・・とりあえず平坦な道を行こう。ということで、国道232号線に戻って「稔橋」
 メインページの地図の位置関係がおかしいので①はここまで。←修正します。

羽幌橋

文中の橋はあくまで2001年当時の写真です現状とは違うかもしれません。ご注意ください。


  


Posted by haruitiban at 07:00Comments(0)留萌の橋

2016年10月17日

相沼内橋

010720の橋巡り④
 国道229号線は続きます。次の「見市橋」の手前で、雲石峠を越えて八雲町に出る道があります。国道277号線です。左に折れて帰るかなぁ・・・とちょっと考えましたが、続行です。続いて「人住内橋」、ここでちょっと下を向いたら。あわびのマンホールの蓋です。先に行きましょう。「大沢橋」を過ぎて「冷水橋」「相沼内橋」、昔アイヌの人たちの集落がここ在ったんだなぁと・・熊石町を終えました。
  トンネルを抜けて乙部町に入りました。が、ここで体に異変発生です。「お腹が痛いよ~~~~」「痛いよ~~~」(涙)・・・冷たいものとおやつの食べすぎ。そして、天気もよく気温も高く窓全開の海岸線ドライブ。過労も少し、体が冷え切った様です。乙部町内の薬店で薬を買い求め、戻って道の駅で休憩を取りました。少し良くなったので、とりあえず国道229号線終点まで行って、あとはゆっくり帰ろうと厚沢部町へ。乙部町は薬屋さんと道の駅に立ち寄っただけで通過してしまいました。カメラを持ちながら橋の写真が1箇所も無かっためずらしい町です。また来るだろう思いながら16年経ってしまいました。まだ1箇所も紹介できません。残念です。
 厚沢部に着いたら、安心したのかお湯に浸かりたくなって、国道227号線沿いの「江差温泉」へ。出ると元気回復、まだ陽も高い、ということで国道を南下「椴川橋」、続いて上ノ国町「北村橋」、上の国町道の駅で日本海の日没を見ました。とても綺麗でした。さすがに日も暮れだして、帰途につきました。500キロ以上走りました、翌週は大人しくしてました。

相沼内橋


*文中の橋はあくまで2001年当時の写真です現状とは違うかもしれません。ご注意ください。  


Posted by haruitiban at 07:00Comments(0)檜山の橋

2016年10月16日

新荷菱内橋

010720の橋巡り③
 「潮橋」が日本海に架かると言うことで、樺太-宗谷に架かる橋とか対馬に-韓国に架かる橋とか・・・妙に感動してしまったけど、札幌を出てから半日しか経って居ない事に気づき、先を進めます。
 すぐ出会うのが貝取間川に架かる「白泉橋」。あわび山荘であわび食べたいなぁなんて考えながら先へ、続いて「横間橋」「華磯橋」、そして「新荷菱内橋」と続きます。
 この橋、橋から滝が見えるらしいのですが、ちょっと遠くて確認できず。夫婦岩の方に目がいきます。ここで大成町(現せたな町)の橋ともお別れ。続いて旧熊石町(現八雲町)に入ります。入ってすぐに関内漁港そばの「ポンモシリ橋」を渡ります。続いて「関内橋」「逆川橋」、お寺の横を流れる川ですが、逆に流れているようにみえるためらしい。南西沖地震のときはどこまでさかのぼったのでしょうか、続いて「平田内橋」、また温泉とあわびがおいでおいでしていますが、国道229号線は続きます。つづく・・らしい。

新荷菱内橋

*文中の橋はあくまで2001年当時の写真です現状とは違うかもしれません。ご注意ください。

  


Posted by haruitiban at 07:00Comments(0)檜山の橋

2016年10月15日

潮橋

010720の橋巡り②
 旧北檜山町から峠を越えて旧大成町へ向かっています(今は同じせたな町です)。いくつもの沢があって、それを渡っていくのでちょっと走っては橋・・また橋と続きます。
 前回の「金ヶ沢橋」からの続きです。「三本股橋」「丸山橋」「青山橋」、そして次の橋が見えてきた頃看板が出てきます。「臼別温泉」です。温泉もいいなぁと、左折してしまいました。なにせず~~~~~っと走りっぱなしです。ちょいとひと休みしましょ、と国道を逸れたのはいいがここから長かった。で、着いてみれば「ただ今清掃中」とありました(涙)。金曜日の午前中は清掃時間のようでしばし待ちます。ほんのひと休みのつもりがけっこう待って、、入浴。道南が誇る秘湯です。小さいですが野趣あふれて、機会があれば再訪したいですね。
 さて、国道に戻って橋巡り再開です。続くのが「太櫓越橋」、ここから海にむかって降りていきます。途中小さく「冷水川橋」、海に出てすぐ「臼別橋」「たきのさわ橋」(北海道南西沖地震のあとに作られた水門があります)、貝取間温泉に行く道の手前に今日のお題「潮橋」です。この橋小さな橋です。橋から覗くと下に、磯舟が揚げてありました。つまり、この橋は川や沢に架かっているのではなく「日本海」(ちょっとですけど)に架けられた橋なんです。...つづく。

潮橋

*文中の橋はあくまで2001年当時の写真です現状とは違うかもしれません。ご注意ください。
  


Posted by haruitiban at 07:00Comments(0)檜山の橋

2016年10月14日

真栄橋

010720の橋巡り①
 前日仕事を終えたのがいつも通りの23:00すぎ、なにがあったのか覚えてはいないが、ロングドライブに出た。国道230号線から229号線、さらに228号線と、途中通り過ぎた市町村はいくつか....数えるのはやめにして、300キロ余りの距離を走った。
 まずは、前回走った国道230号線終点せたな町まで。229号線に道を変えて最初の橋が後志利別川を渡る「真栄橋」。時間を調べると朝5:19分に写真を撮りだしている。天気は悪く雨交じり・・・ツキに見放された感じ。国道229号線のを南下を始める。この道は高校生のとき北上したことがある。勿論当時はカメラなんて持ってなくて、運転免許ももってなくて、徒歩とヒッチハイクの行程だった。あのころ旧大成町-北檜山町を歩いて越えよしたら、旧大成町で「熊が出るぞと」止められて、途中一緒になった大学生のカニ族の兄ちゃんに「ヒッチ」で越えようと声を掛けられ、安堵した思い出がある。あれから幾星霜・・・・今回は車で逆に越えることとなった。
 さて、「真栄橋」の次が「愛知橋」「栄石(さっかいし)橋」「常盤橋」「静橋」「東雲橋」「賀老橋」「大運橋」「金ヶ沢橋」、、、、①はここまで!

真栄橋


*文中の橋はあくまで2001年当時の写真です現状とは違うかもしれません。ご注意ください。   


Posted by haruitiban at 07:00Comments(0)檜山の橋

2016年10月13日

礼受橋

20010713の橋巡り③
 日の落ちる前に黄金岬をまわり、国道231号線に出た私は、日本海に沈み行く太陽を眺めながら「世多別橋」「摩瀬橋」、と海沿いを浜に下りたりしながら札幌への途を進んでいった。少し行くと増毛町に入る留萌最後の橋「礼受橋」をカメラに収め、充分留萌を堪能して帰ることにした。
 走る道々、もう暗くなっていたのだが、増毛岩尾温泉「夕陽荘」にて入浴している。2001年当時の夕陽荘で、日も落ちて暗かったのだがゆっくり温泉を楽しみ、どこかで寝ちゃうかなぁと思いながら、街灯の少ない増毛-浜益-厚田の道を緊張しながら走り帰った。もう、15年も前の話である。


礼受橋

*文中の橋はあくまで2001年当時の写真です現状とは違うかもしれません。ご注意ください。  


Posted by haruitiban at 07:00Comments(0)留萌の橋

2016年10月12日

橘橋

20010713の橋巡り②
 美馬牛峠を越えて北竜町に入って最初に出会う橋が「沼の沢川橋」。あまりの天気の良さに写真を撮り終えてしばし休憩。で、考えた・・・・国道233号線を急ぎ足で通り過ぎたような気がするなぁ・・と。遠くに見える高速留萌道が完成したら尚更国道を通る機会が減るのだし、戻ってみようかと思い直して再び峠を越えた。
 あの頃はオホーツクや道北まで車を走らすと、帰りに旭川までたどり着くと、あっ!戻ってきたなと思ったもので、札幌-旭川間はほとんど地元感覚、それほど高速道路大好き人間だった。なんかもったいないよね。このときは峠を戻り、ゆっくり留萌川沿いの道をたどる気になった。そして最初の橋が「橘橋」、続いて「樽真布橋」「幌糠橋」「御料橋」「神社橋」「潮静橋」ときて国道233号線をゆっくり留萌市内まで戻り着いた。市の街中を散歩したり食事を取ったり。夏の一日は長くて、千望台まで上がったり黄金岬を回ってみたりして楽しく過ごすことが出来た。

橘橋

*文中の橋はあくまで2001年当時の写真です現状とは違うかもしれません。ご注意ください。

  


Posted by haruitiban at 07:00Comments(0)留萌の橋

2016年10月11日

臼谷橋

20010713の橋巡り①
 2001年7月13日、あまりの暑さに目覚めたのが小平町臼谷海水浴場駐車場。気温29度、でも海水浴場には誰も居なかった気がする。そんな海水浴場の傍を流れる臼谷の沢に架かる国道232号線の橋が「臼谷橋」
 特に目的地があった訳ではなくて、札幌から国道231号線を北に向かったにすぎない。慣れない道で気を使い、増毛町・留萌市を通って力尽きたというさまだ。まずは海の水で顔を洗って目を覚まし。小平町には数百メートルしか踏み込まずに留萌方面に戻ることにした。留萌市に入ってすぐ「豊田朱内橋」、そのまま進んで留萌川に架かる「栄萌橋」を渡って国道232号線とお別れ。
 国道233号線北竜町方面へむかう、このま美葉牛峠を越えようかと思ったが、「紅葉橋」まできてスピードダウン。「十五線橋」「不二橋」と写真を撮って峠を越えた。

臼谷橋

*文中の橋はあくまで2001年当時の写真です現状とは違うかもしれません。ご注意ください。

  


Posted by haruitiban at 07:00Comments(0)留萌の橋

2016年10月10日

貫気別橋

010629の橋巡りその③
 国道276号線喜茂別町内から「広島橋」までたどり着いた私は、このまま千歳まで抜けるか伊達へ抜けるかと...思ったのですが、何故か引き返しました。
 それは留寿都村を確認したかったのです。前回国道230号線を通った時(夜中でしたが)に橋を渡らなかったような気がしたのです。初夏のまだ陽も高かったのを幸いに戻ってみました。結果的には留寿都村を走る国道には橋が無かった(見落としがあるかも)。見つけたのは旧洞爺村(現洞爺湖町)との境にの貫気別川に架かる「貫気別橋」
 そのまま洞爺村を抜け虻田町に入り洞爺湖岸の「洞爺橋」までたどりつきました。ここまで来ると太平洋側も見たい...とうことで有珠山噴火のあと、代替として繋がっていた道道285号線に車を進めました。途中にあったのが「山峡橋」。国道37号線と合流後虻田町(現洞爺湖町)入江の230号線合流点まで行き不通区間手前までいっきに行ってみます。当然不通で引き返しです。「いずみ橋」「すみれ橋」「入江橋」と過ぎて国道37号線。既に陽は傾いて19時手前........そこからの帰途は今となっては忘却のかなたです。

貫気別橋


*文中の橋はあくまで2001年当時の写真です現状とは違うかもしれません。ご注意ください。

  


Posted by haruitiban at 00:28Comments(0)胆振の橋

2016年10月09日

広島橋

010629の橋巡りその②
 「喜茂別橋」をすぎて国道は230号線と276号線とが重複します。羊蹄山をもうすこし見たくて京極町方面にむかいます。
 国道276号線の喜茂別町-京極町間にあった橋が「仲の沢橋」「留産橋」「相川橋」で、当時持っていたとても古い道路地図の表紙写真がこの行程の途中の羊蹄山の写真でした。撮影場所を確認して、国道230号線に戻ります。
 戻った最初の橋が「尻別橋」、このまま進むと左側に美笛峠に向かう国道276号線が分かれていきます。この道を大滝村(現伊達市)の境まで行ってみることにしました。まず出てきたのが「一中橋」、この橋は何川に架かるのかを地元の人に尋ねたのですが「ノボレンコ川」と「ノボリンコ川」・・・あとで地図を確認しましたがいまだに正解不明です。続いて「落合橋」「上尻別橋」「山際橋」「下荘渓珠橋」(この橋は橋名板だけです)、「中里橋」「川辺橋」「上荘渓珠橋」とつづき、最後に尻別川を跨ぐ「広島橋」と出会います。・・・・つづく

*011013に「上尻別橋」の手前に旧胆振線の「鈴川跨線橋」を見つけましたので追記しておきます。



*文中の橋はあくまで2001年当時の写真です現状とは違うかもしれません。ご注意ください。

   


Posted by haruitiban at 01:06Comments(0)後志の橋

2016年10月07日

中山大橋

010629の橋巡りその①
 この前年有珠山が噴火しました。1977年の噴火の際は私はまだ10代で、降りそそぐ火山灰の霧よりも濃い景色の中を帰宅した思い出があります。そんなにも近いわけでもなかったのにです。
 さて、この日はテーマは中山峠を越えて!です。峠の道の駅「望羊中山」を喜茂別側に越えて最初の橋が「中山大橋」です。既に喜茂別に入っていますので後志の橋です。この日は国道230号線、276号線、道々2号線等をうろうろしました。3日に分けて書きます。蓬莱山の沢に架かる中山大橋を過ぎて喜茂別町でカメラに納めたのが「中山大橋」に」続いて「望羊橋」「中山橋」「熊見橋」「深雪橋」「黒橋」「渓水橋」「喜栄橋」「楓橋」「白樺橋」「喜茂別橋」。喜茂別の7-11目指して速度の出る坂を下っていく(当時はそんな感じを受けました)他の車を尻目に、橋ごとに車を止めて、写真を撮っているのは、さぞ邪魔だったのではないでしょうか。運転手さんごめんなさい。今はどうなんでしょう、まだ7-11はあるのでしょうか?・・・つづく

*記事中「中山橋」が抜けていたので追記しました。(20161009)


中山大橋  


Posted by haruitiban at 22:39Comments(0)後志の橋

2016年10月07日

高砂橋

010622の橋巡り
 ちょっと遠くまで行きたい♪そんな気分で出かけました。目的地は浜頓別町。国道275号線を北上です。オホーツクが見たかった気分だったと思います。
 前夜仕事を終えて、さぁさぁ行きましょうと国道275号線に乗りました。さすがにもう夏近くです。北竜町町を過ぎたあたりで明るくなってきました。ここで北竜町と沼田町の間に架かるの「美馬牛橋」をカメラに収めて先を進めます。沼田町と深川市の境を流れる雨竜川に架かるのが「竜水橋」、幌加内町でちょっと左折寄り道、国道239号線が旧深名線上を渡る「添牛内跨線橋」
 元の道に戻って美深町で国道40号線に合流。美深町と音威子府村との境に「清水橋」発見。音威子府村から重複路線から本来のの国道275号線に戻ります。中頓別町と浜頓別町の境に架かるのが今日のお題の「高砂橋」です。うれしかった。あと少し!!!♪
 ここからちょっとスピードを抑えて、「村雨橋」「鬼河原橋」「深雪橋」「魁橋」「常盤橋」、と進み国道の終点まで来て、さてと悩んだ末に国道238号線を南へ進みます。北オホーツクトンネルを抜けたところにあったのが「美雪橋」。ここまで来てさすがに眠い。
 ゆっくりゆっくり気をつけながら中頓別町道の駅ピンネシリまで戻ります。ゆっくり温泉に入り早々に眠りに入りました。翌早朝に旭川まで戻って、高速に飛び乗って帰りつきました。

高砂橋
  


Posted by haruitiban at 00:32Comments(0)宗谷の橋

2016年10月05日

精進橋

20010616の橋巡り
 前回の翌日。早朝に目覚めてしまったので、ちょっとお出かけ。目的地は豊平区。ほんとうにちょっとです。写真を撮ったのは2箇所。まずは国道453号線「精進橋」。なんとなく気になっていたのね。続いて環状線をちょっと回って「月寒橋」。この橋なぜか望月寒川に架かっているんですよ。戻って仕事に向かいました。ではでは・・



  


Posted by haruitiban at 21:41Comments(0)札幌の橋

2016年10月04日

霜踏橋

20010615の橋巡り
 昨日の橋紹介日から1週間後です。前週のぶらぶらドライブから無事に国道5号線終点までたどり着いた私は、この日の予定をたてあぐねてました。
 「そうだ先週の続きを!」と思い立ちます。札幌を起点とする国道はいくつかありますが、国道230号線(札幌-せたな町)は走りました。ならば次は前週の続き国道12号線を行こうと思ったのです。・・・でも時間がちょっと遅かった。
 行けるとこまで・・・ということで走りだした橋巡り。、まずは「北1条橋」大友亀太郎像にちょっと挨拶して、なぜか「東橋」をすっとばして、橋はないかと進みます。・・・ありません・・・・(見落としあり)。たどり着いたのが「霜踏橋」。月寒川に架かるこの橋をカメラに収めました。8年後この橋の傍の病院へ入院することになるとは思いもよりませんでした。退院して外に出たとき「なんか見知った風景だなぁ・・」とビックリしたことを覚えています。
 結局、札幌と江別市の境まで走って「厚別橋」「釣橋」「砂山橋」「野津幌川橋」「小野幌橋」、そして何故か国道275号線「雁来大橋」。終了です。





  


Posted by haruitiban at 23:48Comments(0)札幌の橋

2016年10月03日

創橋

010608の橋巡り
 この日は遠くに向かわずに、札幌市内。国道5号線を札幌と小樽の境から始めた。小樽市銭函と札幌市手稲区星置を繋ぐのが、「星置橋」。地図を見ながらこれからどう動くか・・・。
 地図の国道5号線は東へ進むと西区宮の沢で北へ曲がる。昔は北5条→北1条へ道を変え創成川で終点。道は国道12号線に繋がっていたように思うのだが。とりあえずこの2001年の時点では、高速道路(札樽バイパス)に沿って北34条で国道274との交点で南下している。
 手稲区・西区・北区を通って終点を目指してみるぶらぶらとしたドライブで、カメラに収めたのが「三樽別橋」「新中の川橋」「追分橋」「新発寒橋」「琴似新橋」。最後の274号線との接続点にあったのが「創橋」。この名前も読めませんでした。当然のように開発局尋ねました。
そしてわかったのが「はじめはし」という名前でした。



  


Posted by haruitiban at 22:38Comments(0)札幌の橋

2016年10月02日

荻橋

カテゴリーを間違えて削除したようで、消えてしまいました・・・・(涙)
で、再掲です。一度読んだ人ごめんなさい。

010518の橋めぐりその1

 前週に雨の檜山地方巡りに懲りもせず、この日も出かけました、日高地方・・・
名前のわからない橋を除くと全部で28橋。
 前日23時に仕事が終わり走り出す。仮眠場所に選定したのは道の駅「新冠レコード館」。
目覚めて向かったのは浦河町。
浦河町最初の橋が「荻橋」。この橋の名前がわからなかったのですが先に進みます。
 国道235号線はこの町が終点、ここまでが①。道はこのあと236号線(終点)と336号線(起点)に繋がっていきます。
236号線を野塚トンネル手前までが②。336号線を様似町の境界までを③・・・
と3つに分けて走りました。
 「荻橋」は名前がわからず、浦河警察署や近くの家などに尋ねてみましたがやはりわからず、帰りに立ち寄った開発局道路総合事業所で教えていただきました。
 まずは①にあったのが「荻橋」「荻伏大橋」「絵笛橋」「向別橋」
よい天気に恵まれて楽しいドライブになりました。....つづく

  


Posted by haruitiban at 20:58Comments(0)日高の橋

2016年10月02日

幌別橋

010518橋めぐりその3
 国道236号線を海まで下り、左折すると国道は336号線です。釧路まで太平洋沿いを進む道です。が、進む前に目にはいったのが「浦河町郷土博物館」です。ふらふらと入って行きました。
 博物館とか・・好きなんです。過日も出身地の博物館に出かけて2時間余りも見入ってしまいました。この浦川の博物館も2時間近くいたでしょうか。浦河町での最長滞在場所です。
 その後国道に戻って最初に出会ったのが「幌別橋」。この日高幌別川に架かる長い橋を渡ってすぐに「幌別小橋」。そして様似町との境にあったのが「鵜苫橋」です。
 様似町には足を一歩だけ入れた感じで帰途につきました。途中国道235号線の終点を確認。浦川警察署にて「荻橋」の確認。ぐいぐいと戻って、日高町で開発局に立ち寄って、「荻橋」確認をして札幌までもどりました。これで浦河町終了。様似町未調査です。いつか訪れたいとおもいます。



  


Posted by haruitiban at 00:40Comments(0)日高の橋

2016年10月01日

浦河橋

010518の橋めぐりその2
 浦河の町に入り、そのまま走っていると、いつの間にか国道は236号線に変わっていた。どうやら235号線の終点を見落としたらしい。
まぁいいやどうせ帰りも通ることだし・・・と②を進めた。セイコーマートのところで橋発見!この橋が本日の最初の橋「浦河橋」。この橋をさっくりとカメラに収め、ついでに買い物。そのまま海沿いを進む。「乳呑橋」(ちのみはし)、「月寒橋」(つきさっぷはし)、「赤川橋」と確認。この「赤川橋」は橋名がわからなかったので後日町役場にメールで確認した。赤川に架かるので「赤川橋」と、言うことらしい。しばらく行くと国道は山側に左折。ここからの橋が多かった。川沿いの道は橋が多い。。。順に「西幌橋」「ケバウ橋」「西川橋」「西舎橋」「オロマップ橋」「朧月橋」「女名春別橋」「仁王別橋」「扇橋」「深山橋」「望岳橋」「五色橋」「渓勝橋」「川瀬橋」「渓樹橋」「翠明橋」「上杵臼大橋」と17の橋を渡って。なんとかたどり着いたのが日高と十勝を繋ぐ野塚トンネル。さすがに・・・戻ってきました。海まで戻るのは写真を撮らないので早い早い。雨こそ降らなくて快適だったのですが。数に圧倒されました。AERUで入浴して。一息つきました。。つづく



がんばって橋にリンクをつけましたが、写真のみで位置情報はありません。  


Posted by haruitiban at 01:29Comments(0)日高の橋