さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2016年11月26日

ポン木直橋

2001年10月26日のうろうろ①
 2001年の最後の橋探しの日です。
 札幌から尾札部地区の黒鷲岬までほとんど一気に走りました。さすがに眠気もさしていたので、漁港の近くに停まっていた、釣りの人のらしい何台かの車に紛れて仮眠をとることにしました。
 この日の予定は椴法華まで。地区で言えば木直と古部というところだろうか。前週暗くなってから椴法華まで行ってみて、トンネルと断崖が続く道で、暗いうえに初めての道と言うこともあって、少々怖かった道だ。
 目が覚めて出発。天気は見事なくらい晴れて、秋空の道南のドライブになった。まずは走り出してすぐに「見日橋」、熊石に「見市橋」があったので、きっとアイヌ語地名由来なのだろうと思われた。続いては「ポン木直橋」、川はポン木直川(小さい木直川という意味)、見事に青い太平洋が広がるきれいな海だった。そして小さい木直川があるんだから大きい木直川もあるんだろうと思ったら、ありました「木直橋」。川のほとりにはが集まる。ちょっと人口希薄の海岸線を走った後には妙に安心できる集落です。そんなに長い距離走った訳では無いんですけどね(笑)。
 先を進めると川がありました白井川です(バス停が白井川だったので)。この川に橋は架かっているのですが、名前がわかりません。勝手に「(仮)白井川橋」とメモに残しました。

ポン木直橋

文中の橋はあくまで2001年当時の写真です現状とは違うかもしれません。ご注意ください。   


Posted by haruitiban at 07:00Comments(0)渡島の橋