さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2017年07月06日

吉村橋

2017年5月4日の橋めぐり4
 前回の「佐藤橋」の次が「吉村橋」です。最初の頃の「高田橋」も次の「吉谷橋」もそしてさらに次の「大沢橋」も昔の地名だったと言うようないわれがあるのかもしれませんが人の苗字の様です。歴史的な経緯がわからないので想像なのですが、架橋時の土地提供者もしくは**さんの家へ行く道に架かる橋の意味だと思います。たまに河川や水路に自宅の玄関先に通じる私橋を架けているのを目にすることがあります。コンクリート製の橋だったり鉄骨を何本か並べた様な橋で、名もない橋なのですが、「吉村橋」にはバス停がありました。橋を渡る道がバス路線に組み込まれているんですね。宅地が拡大してきた様子を思い浮かべると何とも楽しい気分になります。河川名は「小野津幌川」、この橋より上流は河川内の木々が伐採されていました。変だなぁと思って歩いていると次の「吉谷橋」に来てわかりました。川が合流しているのです。橋の上に立ってみると左側に「小野津幌川」の流れがが森林公園の中へと伸びていました。近年の異常気象の増水対策の為流路整備されたようです。先へ歩みを進めようかとも思いましたが、民有地へ足を踏み入れる事になりそうでやめにしました。地図で見ると公園内の池の更に先に源流部がありそうです。さて、合流部の右からの流れは「ポンノッポロ川」。南郷通の終点に架かる「大沢橋」はこのポンノッポロ川に架かる橋です・・・つづく

吉村橋

リンクをクリックすると橋のサイトに移動します。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(札幌の橋)の記事画像
簾舞橋
佐藤橋
「森林公園駅歩道1号橋
小野津幌川橋
西野幌橋
精進橋
同じカテゴリー(札幌の橋)の記事
 簾舞橋 (2017-07-10 07:00)
 佐藤橋 (2017-07-05 07:00)
 「森林公園駅歩道1号橋 (2017-07-04 07:00)
 小野津幌川橋 (2017-07-03 07:00)
 西野幌橋 (2017-06-17 22:42)
 精進橋 (2016-10-05 21:41)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
吉村橋
    コメント(0)