さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2012年11月08日

東屯田川1号橋

20120727 発寒古川を行く その3(東屯田川を行く編)

今回は発寒古川に流れ込む支流の一つ東屯田川沿いを歩きました。
水源までバスで向かいます。住宅地の道路の脇から水が湧き出しています。
下水処理施設から排水された高度処理水です。飲用には適さないものの綺麗な水です。
 さて歩きます。最初に川はみずほ東公園の中のせせらぎとなってながれています。
この公園のせせらぎの出口にかかるのが「東屯田川1号橋」です。
 住宅街の中を流れるこの川は元々が排水路なので、架かる橋も特別意匠を凝らした橋ではありません。以下順に
 「東屯田川2号橋」
 「東屯田川3号橋」
 「東屯田川北3番橋」
 「東屯田川4号橋」
 「東屯田川5号橋」
 「東屯田川6号橋」
 「東屯田川7号橋」
 「東屯田川8号橋」
 「東屯田川北4番橋」
 「東屯田川9号橋」
 「東屯田川10号橋」
 「東屯田川北5番橋」

 東屯田公園のなかに架かる橋を除くと13の橋が架かっています。
それぞれに竣工年が違い、住宅地の拡大とともに橋の必要性が増していったのでしょう。
 *番橋は畑や原野の中にもともとあった通りの名の3番通や4番通がそのまま橋名に転じたものでしょう。
 北5番橋を過ぎてしばらく行くと河口部で、発寒古川に水門を通じて繋がっています。
河口部に設けられたのが遊水池で憩いの場になっています。
そこでしばし休憩を取ると水面が動きました、何かなぁと見ていると大きな鯉が悠々とおよいでいました。
鴨もたくさん居るし鳥や魚のサンクチュアリという趣です。
 元気を入れ直して発寒古川の堤防に上がると前回紹介した発寒6号橋があります。また歩きだしました。



  


Posted by haruitiban at 01:43Comments(0)札幌の橋